2013年04月30日

4/27 幻の都・長岡京 春爛漫!霧島ツツジと牡丹の競演

4月27日のらくたび京都さんぽは、
わずか10年で姿を消した幻の都・長岡京大極殿跡を歩き、
乙訓寺では牡丹を観賞し、長岡天満宮では
真っ赤な霧島ツツジに囲まれた参道を通りぬけました。


出発は、阪急の西向日駅。
駅からすぐの場所に、長岡宮の朝堂院跡の史跡公園があります。
長岡京の中心は実は向日市にあります。


さらに、大極殿跡へ。
大極殿は国の重要な儀式や政治を行う場所で、まさに都の中心
山村先生から都の概要や、平安京に移った経緯などが語られました。



続いて、南真経寺へ。
かつては真言宗でしたが、日蓮宗を京都に広めた日像上人によって
日蓮宗へと改宗したお寺です。先生から日像上人の苦労話が語られます。



そして向日神社
長い参道は桜が美しいのですが、この日は新緑も輝いていました。


本殿は室町時代に建てられた古建築で
国の重要文化財に指定されています。


向日神社は丘の上にあり、
神社のとなりには乙訓地域最大の古墳もあります。


さて、向日神社からしばらく歩いて、
牡丹が美しい乙訓寺へとやってきました。


ちょうど牡丹は見頃で、番傘が趣を添えています。
参加者も大満足だったようです。



最後に長岡天満宮へ。
遠くからでも霧島ツツジが目立っていました。


霧島ツツジは、まさにこの日がピークとも言えるほどの見事さ!
深紅に彩られた参道を歩いて参拝させて頂きました。


今回は長岡天満宮で解散です。

前半は、長岡京や向日市に秘められた歴史に触れ、
後半は、いずれも見ごろの牡丹や霧島ツツジを眺めることができました。
特に花は見事でまさに最高の時期だったのではないでしょうか。
今回はご参加いただきましてありがとうございました。


5月の連休も、らくたびでは大阪・滋賀と小旅行の散策が続いて行きます。
多くの皆様のご参加、お待ちしております!


                                  ご案内 / らくたび代表・山村 純也
                          受付・添乗・文・写真 / らくたびレポーター・吉村 晋弥


同じカテゴリー(西山~長岡エリア)の記事画像
4/11 西行桜と洛西の春日大社・大原野神社へ
2012年5月4日 天王山の戦いと大山崎を歩く
長岡天神つつじ祭と細川ガラシャを訪ねて西国街道を歩く
同じカテゴリー(西山~長岡エリア)の記事
 4/11 西行桜と洛西の春日大社・大原野神社へ (2013-04-11 18:20)
 2012年5月4日 天王山の戦いと大山崎を歩く (2012-05-11 11:12)
 長岡天神つつじ祭と細川ガラシャを訪ねて西国街道を歩く (2009-04-25 11:36)

Posted by らくたび  at 20:32 │Comments(0)西山~長岡エリア

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。