2009年10月25日

亀岡祭見学と日本最大の保津川下り



インターネットの検索サイトで「全国の祇園祭」を探してみると、
日本列島の北から南までたくさんの「祇園祭」が見つかります。

その詳細を見てみると京都の祇園祭と同様に疫病退散を願ったものから、
家内安全、五穀豊穣、商売繁盛、はたまた、豊漁を祈願したものまで!!

10月25日のらくたび京都さんぽはそんな祇園祭のひとつ 「丹波の祇園祭」
称される亀岡祭が行われる京都府亀岡市を散策しました。

実は亀岡市は私が生まれてから5歳まで住んでいた町です。
しかし、集合場所のJR亀岡駅は“国鉄時代”に行ったきり。
のどかなその時代の記憶しかない私は到着してビックリ。
素敵な駅舎に変わっているではありませんか!
浦島太郎になった気分で京都さんぽがスタートしました。



まずは亀岡祭が行われている町の中心部へ向かいます。
亀岡祭鍬山(くわやま)神社 の祭礼です。

この鍬山神社の創建は非常に古く和銅2(709)年に遡ります。
神社略記では「亀岡盆地が湖であった頃、大巳貴神(大国主命)が
神々を集め、鍬(くわ)で山峡を切り開くとこれが保津峡となり
肥沃な農地が生まれた。人々はこれに感謝し神様をお祀りした。」
と記されています。 

この頃にもお祭はあったようですが、時代の流れとともに神社は荒廃。
江戸時代に水害や飢饉が続いた時、町民たちは
「氏神様を大切にしなかったからに違いない」と考え、
この頃に現在の形のお祭が復活したようです。

丹波の祇園祭と呼ばれてはいるもののその発端は全く異なることに
驚きました。しかし山鉾が鉾町にズラリと並ぶ壮観な様子は
京都の祇園祭と同様で影響を受けていることは間違いありません。



「ヨイヨイ、エンヤラヤー」の掛け声で三輪山を先頭に、
翁山鉾、羽衣山鉾が動き出しました。鉾の上を見てみると
お囃子を奏でているのは子供達です。女の子も参加しています。
京都の祇園祭よりもアップテンポなお囃子も聞こえます。

また八幡山鉾の鉾の上からはかつて京都の祇園祭もそうであったように
厄除けの粽(ちまき)が授与されていました。
幸運にも手にすることができたので見てみると……
「蘇民将来之子孫也」 と書かれた護符が!
「やっぱりな~」と参加者一同納得。

町内では屏風飾りだけでなく甲冑飾りの展示も行われており、
城下町の風情を楽しみながら鉾町を後にしました。



国の有形文化財に指定されている料理旅館 楽々荘
お食事をいただいた後は明智光秀が築いた 亀山城跡 へ向かいました。

「亀岡」のお城なのに「亀山城」?ちょっと不思議ですよね。
山村先生のお話によると、明治までは「亀山藩」だったのが
廃藩置県の時に三重県の亀山との混同を避ける為に「亀岡」と
改称したそうです。なるほど……。

亀山城の跡地は現在は宗教法人の所有となっており、
受付で見学手続きの後、石垣を見せていただきました。
お城といえば京都の二条城しか思い浮かばない私にとって
高くそびえる石垣は驚きでした。
ここから明智光秀は本能寺へと向かって行ったのですね。

そしてこの石垣、当時のものも一部は残るものの、
多くは法人の手によって再建されたものと聞いてさらにビックリ。
現在でも清掃、植栽などの維持管理をされているそうです。
でも、この石垣、なんだか昔に見たことがあるような気がするなぁ……



この後一行はJR亀岡駅に戻り、希望者は保津川下りへと向かいました。
保津川は慶長11(1606)年京都の豪商・角倉了以が
丹波地方の物産を京都へ運ぶために開削した川です。
400年前は産業水路だったその川は現在では
亀岡と嵐山を結ぶ日本一の観光川下りの名所となっています。

3時30分、船旅がスタート。船頭さんのお話を聞きながら
船は峡谷を進んで行きました。
途中に見られる、かえる岩、ライオン岩、ミッキーマウス岩、
などの岩めぐりも楽しみのひとつです。

しかし、景色に見とれて油断をしていると水しぶきが飛んでくるので、
タイミングよくシートで避けなければなりません。
紅葉が始まった木々や7月の京都さんぽで登頂した愛宕山を眺めていると
トロッコ列車が通過しました。保津川下りとトロッコ列車、
お互いに手を振りあい、写真を撮りあい、楽しいひと時となりました。




そして午後5時、嵐山に到着。参加者の皆さんと
「今日は1日よく遊んだ!」と大満足しながら家路につきました。

家に帰って母にすっかり変わった亀岡の様子を話しながら
亀岡祭の粽を見せると、ここで母から予想もしなかった真実が
明かされたのです!なんと、亀岡祭を行う鍬山神社は
私自身のお宮参りと七五三参りに行った神社だったそうです。

大急ぎで古いアルバムを取り出し、七五三の写真と
鍬山神社の写真と合わせて見てみると……確かに同じ社殿がありました。

そう言われてみれば、遠いかすかな記憶の中で、
不二家のネクター(桃のジュース)を飲みながら
何か行列を見た思い出が……母は一言「それが亀岡祭やん!」。

そして幼い頃、戦国時代好きだった父に連れられて
亀山城跡に行っていたことも判明。やっぱり!!

この日の京都さんぽは歴史あるお祭を見学し、
明智光秀という歴史上の人物をたどる散策のはずだったのですが、
思いがけず「私自身の歴史をたどる散策」となっていたようです。
とても感激しました。皆さんも自分の歴史をたどる旅に出てみませんか?
記憶には残っていなくてもきっと感じる何かがありますよ。

そんな大切なことを教えてくれた京都さんぽとなりました。
らくたびの皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。


文/らくたび会員 森明子様  写真/らくたび会員 岩崎守男様・坂田肇様




  


Posted by らくたび  at 14:27Comments(0)その他

2009年10月12日

青蓮院青不動特別拝観と粟田祭見学、東山散歩

ずいき祭、時代祭、鞍馬の火祭……10月になると京都のあちらこちらで秋祭りが行われます。

この日の京都さんぽはそんな秋祭りのひとつ粟田祭の見学と
青蓮院での青不動の拝観、そして東山の裏道散策です。
参加者は京都さんぽ始まって以来最多の50名超。絶好のさんぽ日和の中、
東大路三条の交差点をスタートしました。



三条通を東へ進むと思いきや……先頭を歩く山村先生は
三条通の一筋南の細い道へ入って行かれます。

実はこの道、旧東海道として京の都と江戸を結んでいた道で、
かつては多くの旅人で賑わっていたそうです。
しかし、今ではとても静か。京都さんぽにはぴったりの道ですね。

この旧東海道を10分程歩くと 粟田神社 に到着しました。
粟田神社は貞観18(876)年に疫病を封じるために創建された
と伝わる歴史ある神社です。また、旧東海道に面していることから
古来京を行き来した旅人が旅の安全を祈願した神社でもあります。

かの源義経はここで源氏再興を祈願し、和宮はこちらに立ち寄り
江戸の大奥へ旅立ったのだとか。そんなお話を聞くと
私もこのまま東へ東へと向かってみたくなりました。

さらにこの粟田神社からは眺望もよく、青空に映える平安神宮の
朱塗りの鳥居を正面に比叡山、大文字山、金戒光明寺などを
望むことができました。



さて、いよいよ今日の目的のひとつ、 粟田祭 の見学です。
粟田祭も神社同様千年以上の歴史があり“室町時代、応仁の乱で
祇園祭が中断した時には粟田祭を祇園祭の代わりとした”と
伝えられています。

祇園祭の山鉾はもともとは手で持って歩けるくらいの大きさであったのが、
町衆の財力により現在のような絢爛豪華な姿へと変わっていったのですが、
こちらの粟田祭ではそんな祇園祭のルーツともいえる剣鉾差しを
見ることができます。長さ7~8m、重さ40~60㎏の長い剣をしならせながら
歩いて行く……とらくたび講座で聞いたことはありましたが
実際に見るのは初めてです。

また、青森の“ねぶた”に似た大燈呂も昨年180年ぶりに復活、
さらには神社のお祭であるにも関わらず青蓮院や知恩院の住職さんも
お祭に参列され神仏融合の姿を見ることができる見所満載のお祭のようです。



そんな説明を聞いていると、ドーン、ドーン、お祭の太鼓の音が
近づいてきました。チリーン、チリーン、剣鉾が鳴る音も聞こえてきます。
再集合の時間と場所を確認し、一時解散となりました。

しかし、初めてのことなのでどこで見たらいいのかわからずウロウロ……
すると参加者の方からお勧めの場所を教えていただき
ゆっくり見学することができました。お神輿が青蓮院の勅使門
(天皇・皇后両陛下とこのお神輿だけが入れる門)の階段を上る時、
沿道から「頑張れ~!」という声と拍手が湧き上がったことに感動しました。



再集合した後は 青蓮院 にて初公開中の青不動の拝観です。
さすがにこの日は拝観の長い列ができていましたが、
私達はらくたびさんが事前予約をしてくださっていたおかげで
すんなり入ることができました。

青不動 (正式には青不動明王二童子像)は11世紀の作とされ
高野山の赤、三井寺の黄とならび日本三大不動画のひとつつであり、
仏教絵画の最高傑作として国宝に指定されています。

これまで大阪万博(1970)などの会場で3度公開されてきましたが、
いずれも“絵画”としての公開で、仏さまとしての御開帳は
初めてとのことです。「殺伐とした事件や不祥事が絶えない
今の時代だからこそ、悪行や煩悩を滅する不動明王の力を
直接感じ祈ってほしい」という青蓮院さんの思いから
今回の御開帳となりました。その長い歴史のなかで、
数多の人々の祈りを聞き、救いとなってこられた仏さま。

作者が誰なのかはわからないそうですが、力強く、毅然とした
その姿と直接向かいあうことができた貴重な時間となりました。



青蓮院を後にした一行はお隣の 知恩院 へ。
すると知恩院の七不思議のひとつ、瓜生石の周囲に大勢の人が……

若村先生が講師をされている「おき・らくたび」の皆さまでした。
知恩院は浄土宗の総本山です。その入口となる三門は江戸時代に
徳川2代将軍 秀忠の寄進により建立され、現存する木造建築の門
としては最大規模を誇り国宝に指定されています。
完成から390年近く経過しているわけですが、平成5年に調査をしたところ
地盤沈下はわずか5㎜だとか!!パソコンや測定機器も無かったその時代に
どうしてこれほどまでに正確な建築ができたのか?

答えは三門の上に木像が安置されている棟梁 五味金右衛門のみぞ知るのかも
しれません。知恩院の御影堂、大鐘楼を見学し、裏道から円山公園へ入り、
八坂神社でこの日の京都さんぽは終了となりました。



距離にするとわずか1㎞程のこのエリアですが、人々が旅の安全を願った
粟田神社、皇室が国家安泰を祈願した青不動、民衆が浄土念仏に救いを求め、
徳川幕府も崇拝した知恩院、国をあげて疫病退散を祈願した八坂神社……

実際に歩いてみることで狭いこの範囲にこんなにもいろいろな信仰が
共存しているのだということを確認することができました。

そして時折東山を見上げればそこには秋の気配が!!錦秋の京都を
予感させてくれる楽しい時間となりました。

参加者の皆さま、スタッフの皆さまお疲れ様でした。
紅葉の京都でまたお会いしましょう!


文/らくたび会員 森明子様  写真/らくたび会員 岩崎守男様・坂田肇様


  


Posted by らくたび  at 14:14Comments(0)祇園~円山エリア

2009年10月04日

バスツアー ご開帳めぐりと観月の夕べ



金曜日までの雨がウソのような快晴に恵まれたこの日、
らくたび初のバスツアーが開催されました。

今回は 西国三十三観音霊場の御開帳巡り大覚寺の名月観賞 をまわる
盛り沢山の内容です。40名を超える参加者が集まりいざ出発です。
因みに西国三十三の内今回巡礼するお寺は下記の四箇寺です。

①第十四番: 長良山 園城寺(三井寺) 御本尊:如意輪観世音菩薩
②第十三番:石光山 石山寺 御本尊:如意輪観世音菩薩
③第十番: 明星山 三室戸寺 御本尊:二臂千手観世音菩薩
④第二十番: 西山 善峯寺 御本尊:十一面千手観世音菩薩



一番目の目的地は滋賀県大津市にある 園城寺 です。
「三井寺」 と呼んだ方が馴染みがあるかもしれませんね。

これは天智・天武・持統天皇の産湯に用いられた霊泉があり、
「御井(みい)の寺」の厳儀・三部潅頂の法水に用いられたことに
由来します。天武天皇より「園城」の勅願を賜った事から、
「長良山 園城寺」が正式な寺名となります。
三井寺の由来となった霊泉は金堂横の阿伽井屋で今も湧き出ています。
「ボコボコッ!!」と湧き出る音を聞くことができ
とても不思議な感じがします。

如意輪観音が祀られている観音堂は境内の南端に位置しており、
琵琶湖を見渡せる絶好の場所に造営されています。



続いて訪れたのは 石山寺 です。東大門を入り本堂へと続く階段を昇ると
目の前に大きな岩が目に飛び込んできます。

これは硅灰石(けいかいせき)と呼ばれる岩で寺名の由来にもなっており
天然記念物に指定されています。
御本尊が安置されている国宝の本堂には紫式部が『源氏物語』を執筆した
「源氏の間」があり音声による案内を聞く事が出来ます。



石山寺拝観後は待ちに待った昼食。
石山寺門前名物の しじみ飯 をいただきました。
しかし、しじみが門前名物だとは初めて知りました。
ご飯やみそ汁等でしじみを心ゆくまで堪能しました。



お腹も一杯になったところで一行は宇治の 三室戸寺 を目指します。
この三室戸寺は四季を通じて色々な花を楽しめるのが大きな特徴でしょう。
参道横の五千坪の庭園にはツツジやシャクナゲ、紫陽花が植えられており
本堂前には蓮もあります。更に本堂前には「勝運祈願の宝勝牛(牛玉)」があり、
この宝勝牛がくわえている牛玉に触れると勝運に恵まれると言われています。
因みに私は訪れる度に触れています(笑)。

本尊は一尺二寸(約36cm)ととても小さな観音様です。
内々陣まで入れば間近でその御姿を拝見する事ができます。

三室戸寺を後にした一行は次なる目的地である善峯寺を目指します。
京滋バイパスを使い大山崎へ向かう途中伏見区・宇治市・久御山町辺りを
横切ります。今は一面農地になっていますが、この地には昭和16年まで
「巨椋池」 と呼ばれる府内最大の淡水湖がありました。
四神相応の南の朱雀の地形状のシンボルにもなった池です。
全て無くなった訳ではなく、京都競馬場の馬場の中央にある池が
かつての巨椋池の名残だと言われています。
最近では生態系の調査等も行われたそうですよ。

善峯寺へ向かう途中もそうですが、ガイドの山村さんや若村さんは
我々の為にず~っとお話をされています。
各目的地での説明は勿論ですがバスに乗っていても行程上にある
歴史スポットやエピソード等途切れる事はありません。
全てが「へぇ~」と頷かされる内容ばかりで、聞いていて
益々お二人の魅力に引き込まれてしまいました。



そうこうしている間に 善峯寺 へ到着です。
善峯寺の最大の見所は樹齢600年とされている長大な枝を伸ばす
遊龍松と呼ばれる天然記念物の松です。

応仁の乱で荒廃してしまいましたが、徳川五代将軍綱吉公の生母・
桂昌院が再興されました。因みに桂昌院は「玉の輿」の語源になった
人物でもあります。境内奥にある開山堂やけいしょう殿からは
京都市内が一望できるビュースポットがあり、訪れた時間は
西日を浴びた京都市内がとても綺麗でしたね。
春の桜、秋の紅葉が見事なお寺でもあります。



ここでガイドが山村さんから若村さんへバトンタッチし、
最終目的地である大覚寺へと向かいます。
このバスツアーでは京都のカリスマガイドである山村さん・若村さんという
二大ガイドが聞ける贅沢なツアーとなりました。
走り出してから数分後……若村さんから突如会員の森さんが
マイクを持つことにっ!!森さんは自身のお膝元である
洛西の魅力について大原野神社や地元のディープなスポット等を
慣れた口調で紹介。サプライズな出来事で参加者一同は
大盛り上がりとなり、森さんは見事この大役を果たされたのでした。



そして、バスはいよいよ嵐山へと入ってきました。
大覚寺 へ到着した頃には日もすっかり沈んでいました。
大沢池 のほとりから大覚寺境内へ入りここで山村さんの説明があり
終わった途端、計ったように見事な月が昇り始めました。

お寺の方の話ではここ数年では見たこともない程の名月だとか。
大沢池の水面に映る月がとても幻想的な雰囲気へと誘っていきます。
時を忘れて見事な名月を観賞する人。カメラに収めようと
しきりにシャッターを切る人と楽しみ方は人それぞれです。

しかし、一日の終わりで疲れた体にはとても心地良い
癒しとなったのではないでしょうか。

本日のバスツアーはこの大覚寺で終了し京都駅で解散となりました。
今日は本当に天気に恵まれ、三井寺や石山寺からの琵琶湖の眺めや
大覚寺での名月観賞、更には四箇寺もの御本尊拝見と
とても満喫したツアーとなりました。
今後もこのような企画を期待し家路についた私でした。


文/らくたび会員 森田和宏様  写真/らくたび会員 鴨田一美様・坂田肇様 他 


  


Posted by らくたび  at 13:59Comments(0)その他