2008年10月19日

即成院 二十五菩薩お練供養と東福寺塔頭めぐり



晴天の中、今日はとても有り難い仏教行事を見学させていただきます。
泉涌寺の塔頭・ 即成院 で行なわれる 二十五菩薩お練供養 です。

若村先生の京都講座でも詳しく説明していただいた行事なので、
実際に見学できるこの日を楽しみにしてました!

京阪・東福寺駅に集合し、約15分後に即成院に到着。13:30から始まる
ということでしたが、すでにかなりの人がお越しになってます。



この仏教行事は、本尊の阿弥陀如来が極楽浄土から現世に来迎し、
人々を浄土に導いてくださる姿をあらわしています。

金色の菩薩面を被り、金襴衣装を身につけた25人の信徒が、本堂から
地蔵堂へ架かる高さ2mほど、距離にして約50mほどの橋の上を
練り歩く姿が見どころです。

「二十五菩薩」の登場までに、山伏さん、可愛らしいお稚児さん、
お偉い僧侶、各役員さんなど、かなり多くの人々が、この橋の上を
列になって歩いて行かれました。
その中でもなんと言っても、小さなお稚児さんが可愛かったです!
付き添っておられたお母様、おばあちゃまも綺麗なおべべを
着られていたので、それを見てるのも目の保養になりました(笑)



いよいよ二十五菩薩の登場です。さすがに観音菩薩さんは、貫禄が
あります。お面も衣装も豪華です。その後に、普賢菩薩、文殊菩薩が続き、
次々といろんな楽器や道具を持った菩薩が登場します。
踊りを舞いながら進む菩薩さんもおられます。
100年ほど前の衣装もあるのでしょう、結構小柄な方なので、
中学生くらいがお面を被っているようです。
お面の「目」は、かなり小さい穴らしく前も見にくいのか、
しっかりと付き添いの方が手を取っておられます。

このお練り(=行列)は、本堂から地蔵堂へと3往復されます。
見学している私たちは、ただ行列を見ているだけなのかもしれませんが、
阿弥陀如来さんはここにいる人々を皆、極楽浄土に導いてくださるに
違いありません。今回は、本堂には入れませんでしたが、お堂の中の
「阿弥陀如来と二十五菩薩の極楽浄土の空間」をまだご覧になってない方は、
ぜひお越しになってご覧ください。
お寺の方が、詳しく説明してくださいますよ。



じっくりと行事を堪能した後、東福寺方面へ。そして、ここでひとつめのサプライズ!
東福寺の塔頭・ 明暗寺 。傘をかぶって尺八を吹きながら
修行される虚無僧さんの「尺八根本道場」で有名だそうです。
こちらは拝観寺院ではありませんが、山門を一歩入ったところにある
「苔庭」が素晴らしい、と山村先生からのディープな案内です! 

自然に生え育ってできた苔庭はそんなに広くはないですが、ほんとに
美しかったです。これはほとんどの人が「知らなかった~」と感動!
東福寺に行くお楽しみが、またひとつ増えました。
(※明暗寺の場所は、東福寺北駐車場の東側です。東福寺の境内案内には、
院号の「喜慧院」と掲載されています。)

そして、次は 霊雲院 へ。
こちらには、「九山八海(くせんはっかい)の庭」と「臥雲の庭」の
素敵なお庭があります。「九山八海の庭」は、仏の住む世界は中央に
須弥山(しゅみせん)があって、九つの山と八つの海が取り囲むと
考えられていて、庭中央の遺愛石(=庭の中央にある珍しい形の石塔)
が須弥山、それを取り囲む白砂が九山八海をあらわしているそうです。

そして、「臥雲の庭」は、雲と水の美しさを砂であらわしている
モダンなお庭です。いずれのお庭も、近年になって重森三玲氏により
修復されたそうです。



続いて、 東福寺 の境内を順次「伽藍」「山門」「東司」と説明を伺ってから、
最後の目的地・ 芬陀院 に到着です。こちらの南庭園は雪舟が作庭したと
伝えられ、通称・雪舟寺と言われています。
この鶴亀庭園の出来映えがあまりにも素晴らしく、亀島が夜になると
動き出した!寺の住職が雪舟にこの様を伝えたところ、
亀島が動かないように真ん中に大きな石を立てると、
動かなくなったとか。なんとも不思議なエピソードですね。

確かに亀島には、大きな石がどんっ!と、刺さっていました(笑)。
茶室「図南亭(となんてい)」に続く廊下の横は、重森三玲作庭の東庭
「鶴亀の庭」。ここでも重森三玲氏のお庭が拝見できました。

そして、ここでふたつめのサプライズ!お寺の奥様(?)のご好意から、
お茶とお菓子を頂きました。前日にお寺の法要があり、そのお下がり
ですが・・・・・・と、京都の有名なお菓子をたくさん振舞ってくださいました。
みんなで、ほっこりとするひとときを楽しませていただきました。
ありがとうございました!

今回のツアーで訪れた寺院は、ほぼらくたび文庫に掲載されています。
即成院は、『京の仏像NAVI 』に。東福寺・霊雲院・芬陀院は、
『京の庭NAVI 枯山水庭園編 』に。この寺院に訪れる際には、
ぜひらくたび文庫片手にお越しくださいね。
らくたび文庫を見ながらじっくりお庭を拝見すると、勉強になるし、
楽しさ倍増です!・・・・・・私、経験者です(笑)

年に一度の仏教行事に、個人で来るのもいいけれど、みんなで
ワイワイと言いながら見学するのって、ほんとうに楽しいですね。
またお祭りや、神事を見学するツアーを楽しみにしています。


文/らくたび会員 奥村成美様  写真/らくたび会員 坂田肇様
  


Posted by らくたび  at 15:56Comments(0)東福寺~伏見稲荷エリア

2008年10月04日

秋祭りの先陣 北野天満宮のずいき祭と北野散策



今回の京都さんぽは、秋の実り五穀豊穣に感謝する天神さんの秋祭り
ずいき祭 の還幸祭をメインに北野方面の散策です。
JR山陰本線円町駅にて集合。今日の参加者は20名ほど。
久しぶりにこぢんまりとしたさんぽです。



駅から数分歩いたところでの最初の説明は紙屋川(かみやがわ)
です。平安京の西堀川にあたり、洛中洛外を分ける川。
当時はこの川のほとりで朝廷御用達の紙を漉いていたため、一般民衆が
この川を使うことは禁じられていました。
「禁川(きんせん)=天皇が使用される紙のみを漉く川」

この説明を受けていると、早速ずいき祭りの神輿巡行に遭遇!
ずいきをはじめ、たくさんのお野菜や乾物で飾り付けられたお神輿さんを
間近で見られて嬉しかったです!



その巡行が通り過ぎてから、 法輪寺(達磨寺) に到着。
起き上がり達磨堂には、諸願成就のために奉納された達磨8000体余が
納められています。お堂の中にずらーっと並んだ達磨と、
天井いっぱいに描かれた達磨天井図に圧倒されました。

この法輪寺は、達磨だけではなく、衆聖堂階上にある金色に輝く
「仏涅槃木像」や、先代のご住職が映画関係の方と親交があったことから
六百有余霊(最近でいうと、石原裕次郎さんや、美空ひばりさん)を祀る
貴寧磨殿(キネマ殿) などが安置されています。

そして本堂南庭も素晴らしい! 紅葉の木が庭の真ん中 に植えられており
これからの季節が楽しみですね。



菅原道真の乳母・多治比文子(たじひのあやこ)ゆかりの 文子天満宮 に到着。
多治比文子は、邸宅内に道真を祀る祠(ほこら)を建て、その後、道真の神霊は
北野天満宮に祀られました。このような歴史から、文子天満宮は、
北野天満宮の前身神社 として崇められています。
(京都市内には、何箇所かの文子天満宮があるそうです。)

京都市指定有形文化財に指定されている 奥渓(おくたに)家 へ。
こちらの初代は後水尾天皇の中宮東福門院の御典医を勤め、のちに
仁和寺門跡の御典医をも勤めた医家です。

玄関には「蘇命散」 の看板がかかり、御典医と薬販売の格式を伺わせる
貴重な昔の建物です。



次に訪れたのは、日蓮宗の本山・ 立本寺 。境内には公園もあり、
なんとものどかなお寺です。お寺の歴史や沿革の説明を伺ってから、
道路ひとつ隔てた墓地へ。

ここには、石田三成の家臣である、島左近のお墓があります。
「三成に過ぎたるものが2つあり。島の左近に佐和山の城」
といわれただけあって、その名と人望は天下に高かった。
関ヶ原合戦での堂々とした戦いっぷりは、敵をも恐れさせた!

戦国時代のお話になると、山村先生の口調はヒートアップします!
臨場感たっぷりです!! 

そして、こちらには二代目吉野太夫の夫、豪商・灰屋紹益
(はいやしょうえき)のお墓もあります。
紹益の遺言かどうかはわかりませんが、吉野太夫ゆかりの桜の木の下に
紹益のお墓があるというのが、なんともロマンチックな気がしました。



更にさんぽは続き、本門仏立宗・宥清寺、北野名物の長五郎餅本舗、
天皇家ゆかりの清和院を経て、 北野天満宮 に到着。

上七軒界隈をずいき祭り行列が巡行するまで時間があるので、
三光門や本殿・権現造の説明をしていただき、みんなで参拝をしました。

そして、この秋11月1日より公開されるもみじ苑辺りで「御土居」の
説明です。「御土居」は豊臣秀吉によって作られた洛中を囲む土塁で、
ヨーロッパで言うと城壁にあたるものです。
こちらの御土居は、先ほどの紙屋川を利用して高く積み上げられたものです。

昨年このもみじ苑に来ましたが、紅葉が素晴らしく綺麗でした。
天神さんの境内ではありますが、ちょっとした森の中にでも居るような、
自然の風情溢れる紅葉狩りが楽しめます!



さあ、時間になりました。いよいよお祭りの行列がやってきます!
上七軒辺りに行くと、かなりの人です。
それも大きなカメラを提げたカメラマンがいっぱい!
どうも、行列をお迎えされる舞妓さん、芸妓さんがお目当てらしいです。
すごい熱心ですね~。

4日間に渡るずいき祭のなかでも、この還幸祭は特別の意味を持ちます。
単に「巡行を終えた天神様が本社に御帰りになる」というだけでなく、
「おいでまつり」の別名が示すように
「大宰府で御隠れになった菅原道真公の御霊が神様として
初めて北野の地においでになる」という御鎮座の由来を回顧し、
再現するという意味もあるのです。

氏子区域の人々も、還幸祭の行われる4日には親類縁者を招いて
御馳走を作り、晴れ着をきて、行列に供奉したり、沿道から
御輿を拝んだりしたといいます。
年に一度、御鎮座の往時に思いを致し、御神霊を「お迎えする」
ことで氏神としての天神様を改めて意識し、感謝する心が
育まれるのです。(北野天満宮HPより引用)



見学するだけの私たちからすれば、行列を見てキレイ~、可愛い~
と簡単に思っているお祭りも、その歴史や謂われをちゃんと知ると、
人々(氏子さん達)の努力の賜物なんですね。

京都の三大祭ばかりが大きく取り上げられていますが、
各町で行われている祭り事は皆同様に、それに従事する人々に
とっては大切なことなんです。
あらゆる京都の行事を拝見する際には、今までとは違う目線で
楽しみたいと思いました。


文/らくたび会員 奥村成美様  写真/らくたび会員 鴨田一美様
  


Posted by らくたび  at 15:35Comments(0)西陣~北野エリア